忍者ブログ
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
おすすめ
リンク
ブログ内検索
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
guntank
性別:
非公開
バーコード
RSS
最古記事
日本サブカルチャーの頂点。ガンダムこそ我々の世代の共通言語。それまで子供が見るものだったロボットアニメに、初めて大人の鑑賞に堪えるリアルさを導入したガンダムこそは、世界最高峰に立つ日本アニメの不滅の金字塔だ!
PAGE | 42 37 38 40 39 132 49 50 51 48 52 | ADMIN | WRITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GUNDAM FIX FIGURATION # 0010 ガーベラテトラ改 GP04
オススメ度:★★★★


メカデザイナーとして数多くのMSを手がけてきたカトキハジメ氏がプロデュースするGFFシリーズ。その第10弾は、「機動戦士ガンダム0083」に登場したガーベラテトラのカスタムモデル。

アニメには登場しないガンダム試作4号機をカトキ氏がリファインし、その外装を付け替えることによってガーベラテトラ改になるという、幻や噂やいわくがたくさんついたMS。しかし、そんな出自がたまらなかったりするのだ。

パッケージのベースは幻の4号機RX-78GP04G。しかし、腕と脚以外の部分をすべて換装し装甲を装着すれば、まったく別物のMSに変身する(といってもこちらが劇中に登場するMSの改造版なのだが)。4号機には、背部に長く大きなブースターが装備され、幻のモデルだったことが信じられないぐらいのカッコ良さな点も注目。(柚木朔太郎)

ポロポロ… 2007-04-22
ある雑誌でGP04を見て以来模型化されるのを待ち望んでいた時にこの商品を見付け即購入。しかしGP04よりガーベラテトラ改のフォルムが素晴らしいので組み換えてみると、他の方々が言われている通り腕の部分がポロリ…付いたと思って他の部分をいらったりポーズをキメようとするとポロリ…。イライラします。
ということで、ずっとGP04で飾ってます。肩やサーベルラック部品がユルくなり易いですが、武器専用の握り手がありロングビームライフルもしっかり持てるのはいいですね。
購入から数年経ちますが今だMGやHGUCなどでキット化される情報もないGP04ですし、購入後すぐにディスプレイできる完成品なので、GPシリーズに興味がある人は購入を検討されもいいのでは?


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment


Trackbacks
TRACKBACK URL :
忍者ブログ | [PR]

(C)ガンダムのディープな世界 坊やだからさ! ブログ管理者 guntank
Blog Skin by TABLE E.NO.CH